- PHOTO-SW!TCH -

Top

海の道標。

せや、灯台 見に行こっ!! *(≧▽≦)*/



                                 Schneider Xenar 75mm f3.5
                                    kodak PORTRA 400

                            Large View ... ▲ Please click the photograph !!


旅の言葉に 『来たバスに乗れ』 というのがあるそうな。
つまり、「行き先は分らないが、目の前にバスが来たのだからとりあえず乗ってしまえ!!」、「旅は一期一会だ!! 気に入った場所で降りればいい。 行き先なんて後からついてくるよ!!」 ということでしょう。

実は今回の旅行では、当初 “灯台を巡る” というプランはなかったんですよね。
『志摩マリンランド』 だけで済ますつもりが、行ってみると意外とショボかった(いや、失礼!! /汗)ので予想外に時間が余ってしまいまして・・・ ( ̄.  ̄;)
どうしようかと思っていたところへ 『○○灯台まで あと○○km』 なんていう看板を見つけ、行き当たりばったり的にプランを追加したというわけです。 (バスではないですけど・・・ ^^;)




この周辺は、せまい湾が複雑に入り込んだリアス式の海岸線が続きます。
そのため岬の突端と突端が比較的近い距離で移動出来、そこに点在する灯台へのアクセスも容易。
今回は、その中でも参観可能(灯台の中に入れる!!)な 『大王埼灯台』 と 『安乗埼灯台』 へ行ってきました!! (^^)v




                                F.Zuiko Auto-S 38mm f1.8
                                 FUJICHROME PROVIA 100F

【大王埼灯台】
航路標識番号  2781 [F6036]
位置         北緯34度16分34秒 東経136度53分58秒
所在地       三重県志摩市大王町波切54-1
塗色・構造    白色 塔形 コンクリート造
レンズ       LU-M型灯器
灯質         閃白赤互光 毎30秒に白1閃光 赤1閃光
実効光度     88,000 cd
光達距離     白光 18.5海里(約34km) 赤光 16海里(約30km)
明弧        199度から79度まで
塔高        22.50 m (地上 - 塔頂)
灯火標高     45.53 m (平均海面 - 灯火)
初点灯      1927年10月5日
管轄        海上保安庁 第四管区海上保安本部



                                 Schneider Xenar 75mm f3.5
                                    kodak PORTRA 400

                            Large View ... ▲ Please click the photograph !!


円筒形の美しい姿から、『日本の灯台50選』 にも選ばれているそうです (^^)





                                 Schneider Xenar 75mm f3.5
                                    kodak PORTRA 400

                            Large View ... ▲ Please click the photograph !!


【安乗埼灯台】
航路標識番号  2769 [F6042]
位置        北緯34度21分54秒 東経136度54分30秒
所在地       三重県志摩市 阿児町安乗795
塗色・構造    白色 塔形 コンクリート造
レンズ       LU-M型灯器
灯質        単閃白光 毎15秒に1閃光
実効光度     190,000 cd
光達距離     16.5海里(約31km)
明弧        93度から33度まで
塔高        12.7 m (地上 - 塔頂)
灯火標高     33.3 m (平均海面 - 灯火)
初点灯      1873年(明治6)4月1日
管轄        海上保安庁 第四管区海上保安本部



                                F.Zuiko Auto-S 38mm f1.8
                                 FUJICHROME PROVIA 100F


珍しい白亜四角形の灯台。 
木下惠介監督、佐田啓二・高峰秀子主演の映画 「喜びも悲しみも幾歳月」 (1957年松竹作品) の舞台となり、ロケが行われたことでも知られているそうです。
こちらも 『日本の灯台50選』 にも選ばれています。




                                F.Zuiko Auto-S 38mm f1.8
                                 FUJICHROME PROVIA 100F



参観料はともに 大人(中学生以上) 200円。
両方とも上りましたが、高所恐怖症の僕は上でガタガタ震えてましたよ "(>~<;)"
↑ は何とか撮った1枚。
もう、撮影どころじゃなかったですって!!
どっちも怖いけど、しいて言うなら 安乗埼の方がコワカッタ・・・ (>0<;)
[PR]
by yosshy_z | 2013-03-16 23:41 | mind scapes